計装Cube6 関連文献
現場作業の効率化を支援するモバイルDCS

山武 亀井 宏和
2004年3月

キーワード「モバイル/効率化/DCS 」

1.はじめに

日本の装置産業では,生き残りをかけた企業戦略として,企業の再編,製造設備の統廃合,合理化が推し進められている。また製造部門においては,長年にわたり自動化やDCS化などプロセスオートメーションを導入し,運転の高度化・合理化を実施してきている。それらオートメーションの導入の結果,プロセスデータを計器室で集約して監視・操作・異常検知が行えるようになり計器室における運転監視業務は,10年前,20年前に比べ,飛躍的な効率化と負荷軽減を実現してきている。

その一方で,プラントの運転は計器室だけで行われているわけではない。切り替え作業や原料投入,調整作業,そして巡回点検などの現場での業務は,依然として現在も存在しており,対投資効果の面から将来的にも多くの現場作業が残ると予測される。これらの現場作業は,様々な場面でプロセスの状況を把握しながら進めなければならない。そのため,ページングや構内PHSで計器室の運転員とコミュニケーションを取るか,運転形態によっては現場と計器室を行き来しながら作業を進めているのが現状である。今後,ますます,市場要求に連動した形で銘柄変更や生産負荷変更が多くなってくる操業環境を考えると,これからのプラント運転の効率化は,現場業務の支援がその大きな1つの課題になると当社では考えている。

この現場業務支援の課題を解決するために,山武では,次世代プラントオペレーションコンセプト『Operation Anywhere』(オペレーション・エニーホェア)を昨年8月に発表した。Operation Anywhereとは,計器室という場所に依存することなく,TPO(Time Place Occasion)に適した形で運転に必要な情報を入手し,場合によっては操作も可能とするプラントオペレーション環境,およびオペレーション形態そのもののことである。

本稿においては,Operation Anywhereを具現化する一つの形態として,モバイルDCS『PlantWalker-HV』について紹介する。

このコンテンツの全文を閲覧するには会員登録が必要です。
未ログインの方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリック後表示されるログイン画面にIDとパスワードを入力してください。既にログインされてる方は画面右上部の「全文を読む」というテキストをクリックすると全文表示画面に移動します。
会員登録がまだの方はこちらから会員登録をしていただけます